"

棋士としては升田幸三実力制第四代名人門下であったが、米長邦雄永世棋聖に傾倒し子分として米長の著作の代筆などして20年以上仕えた。しかし、米長に婚約者を差し出すように命じられ、そのまま愛人にされた悲しい過去が3度もあり、後に米長の裏面をマスコミに告白した[1][2][3][4][5]

現役時代から財テク棋士として知られ、2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄という[6]。そのため、毎日の生活はほとんど現金を使わず、優待券で生活できるほど。優待・配当銘柄を売らずに持つ投資戦略で、富裕層の仲間入りをするに至った。株主優待について解説するためNHKの「家計診断 おすすめ悠々ライフ」にもテレビ出演した[7]。財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi[8]や「日経マネー」にも登場する等、ユニークな棋士であった。

"

桐谷広人 - Wikipedia

View Post

"

 ■「愚かでした」

 気鋭の男性小説家(35)はこの秋、作家仲間や出版社へのおわびに追われた。

 作家は2ちゃんねるの掲示板で、ライバル視していた小説家を「虚言癖がある」と攻撃し、別の小説家の作品が原作の漫画については、アンケートをした出版社を「打ち切り確定なのに資源の無駄」と批判。一方、自身を「(出版社が)『作家買い』をする例外中の例外」と自賛していた。

 一連の騒ぎで、ネットで暴言や中傷を繰り返していたことが発覚し、仕事上の関係先や信頼を失った。

 作家は取材に「相手を見下したい、おとしめたいという漠然とした悪意があった。相手の欠点とみた部分を、一方的に罵倒する書き込みは快感だった」と振り返る。賛同する書き込みを見つけると、快感がさらに増したという。

 高校卒業後にフリーターを6年ほど経験し、ニートとなっていた3年目に書いた小説が入賞。作品の評価が気になり、2ちゃんねるに頻繁にアクセスするようになった。「匿名での書き込みで歯止めが利かなくなった。愚かな行為でした」

 ■おびえる毎日

 関東地方に住む30代の会社員男性は、ネットに自分の情報がさらされないか、毎日おびえている。2ちゃんねる自作自演を10年ほど続けていた。返信が来るのが、ただ楽しかった。

 特に不幸話は人を引きつけた。借金がある離婚男性を装い「死のうと思います」と、架空の身の上話で同情を誘った。

 「がんばれ!」「経験を生かして生きろ」。励ましの返信を改めて読み返すと心が痛む。「弱者のまねをするなんて最低の人間。ばれたら会社や隣近所にゆがんだ人間と思われる。仕事を辞めなければならない」

"

2ちゃん、匿名の代償 ライバル作家を中傷…身元ばれて信頼失う:朝日新聞デジタル (via amamako)

(via kanose)

View Post

"「twitterでふぁぼだのリツイートだので普段の観測範囲を超えて出回った切り取られた意見に反論をメンションで飛ばしてくるひとが出て、まぁ丁寧に対応すっか。って対応してると相手は自分の意見押し付ける気マンマンで論旨ブレながら非礼で、こっちは相手のことなんか知らないから、どうでもいい」現象に名前をつけたい。"
島国 大和 - 「twitterでふぁぼだのリツイートだので普段の観測範囲を超えて出回った切り取られた意見に反論をメンションで飛ばして… (via kanose)

(via kanose)

View Post

Amazon: うんち大全 [単行本]: ジャン フェクサス, 高遠 弘美

Amazon: うんち大全 [単行本]: ジャン フェクサス, 高遠 弘美

View Post

moji:

「DOTPLACE GALLERY」

moji:

「DOTPLACE GALLERY」

View Post

highlandvalley:


Twitter / naagita: 「ミカンむいてあげるね」 「ありがとー♡」 http://t …

highlandvalley:

Twitter / naagita: 「ミカンむいてあげるね」 「ありがとー♡」 http://t …

(via sociologbook)

View Post

Amazon: 勝ち抜く力 なぜ「チームニッポン」は五輪を招致できたのか (PHPビジネス新書) [新書]: 猪瀬直樹

Amazon: 勝ち抜く力 なぜ「チームニッポン」は五輪を招致できたのか (PHPビジネス新書) [新書]: 猪瀬直樹

View Post

"それで、あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代くださいっていって、忘年会はキャンセルして、定時で失礼させてもらって、アニメのブルーレイでも買って、コンビニで買ったプレモルをすすりながら、はてなで、「こいつは全然わかってない。」とか「ブラック企業乙」とかそういうコメントをしながら、あー 脱社畜目線でかんがえてるおれはわかってるわーほんとわかってるわー っていってなにひとつかわることのない生涯を終えるといいさ、っていうメッセージじゃん。"
あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。って残酷な言葉だと思う。 - 拝徳 (via kanose)

(via kanose)

View Post

"

ヤンキー文化研究の第一人者として知られる、東北大学大学院教授の五十嵐太郎氏が言う。

「学歴が上がるにつれ、ヤンキーは周囲からいなくなっていきます。東京に住み、学歴が高く、収入の高い人は、物理的にヤンキーと接する機会がない。しかも、地方から東京に出てくる人が減っているとすれば、今後ますます階級格差は固定化されるはずです。

一方で郊外や地方に住むヤンキーたちには、そもそもエリートが何の仕事をし、ふだん何を食べ、どんな遊びをして暮らしているのかまったく分からない。上流の文化が存在するということさえ知りません。

これまで日本では、アメリカやヨーロッパのように経済以外、つまり文化の面で露骨な階級格差が表れることはありませんでしたが、社会構造が変わりつつあるのでしょう」

"

ご存知でしたか 日本人の9割がヤンキーになる 1億総中流の時代はよかったなぁ  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

イギリス化だな…。

(via ataru-mix)

趣味の世界だと多少交わったりするんじゃないかな。武道・格闘技やっていると、サラリーマン的な人とヤンキー上がり系の人がいて、すごく面白いよ。ウチも元レディースだと思われてる。割と嬉しい。

(via yoshikogahaku)

(via yoshikogahaku)

View Post

"

一、大概の「アドバイス」「教訓」「導き」は役に立たない。

 なぜかというと、こういう話をする人は、たいてい自分の「成功体験」から話すからです。ところが、ほとんどの「成功」は、本人の能力や見識それ自体よりも、その時その場合の環境や条件に左右されることが多く、かつ多くの「偶然」が作用しているからです。

 ところが、「成功体験」を話す人は、めったに自分から「条件」や「偶然」に言及しません。したがって、他人が聞いても、まず役に立たない場合が多いのです。

 そうでなければ、この種の「アドバイス」は誰でもできる一般論に過ぎず、聞くまでもないことがほとんどです。

"

恐山あれこれ日記: 相談の仕方

View Post