"

好きな学問を一生やっていきたいと思ったのは、

たしか大学一年生の時だった。

すぐさま書籍を買いこんだり勉強して

それが成績に結びついたりして

俺の勘違いは始まった。

おれ、イケんじゃね?

成績がまんざらでもないことがが影響してか、

ただの勉強好き大学生に

奨学金とか来た。

(中略)

……挫折

……失恋

……騙し

……相続問題

……事故

……裏切り

……病気

……(中略)

それから20年経った。

人生ってのはわからないもんで、

ひょんなことから、

夢に諦めがついた

本当にそれって自分の夢だったのかな

そんな夢にしがみつきたかったのは

自分が空っぽだったからじゃないかな

海に面した断崖絶壁で

ジュるジュると鼻水をすすりながら、

一人むせび泣いた。

夢と自分が思っていたものに

ただ縛られていただけなんじゃないかな

これからは夢じゃなくて

自分の人生を生きようと思った

"

夢をあきらめるということ - finalventの日記

View Post